人身事故扱いについて

交通事故を起こしたら物損事故か人身事故かどちらにするのかがよく言われます。これはどちらがメリットがあるのでしょうか。両者には大きな違いがありますし、メリットとデメリットがあるのできちんと理解しておくことが大切です。

物損事故の定義としては死傷者がいない事故となっています。死傷者がいないため通院や入院をする者がいないと言えるでしょう。しかしながら物損事故扱いにしても通院や入院は可能です。自費で病院に通院などをするのではなく、自賠責保険からきちんと支払いはなされます。大きなけがではなかったが、数日経過した後に通院をする必要が出てきた場合などもあるため、物損事故であっても通院などをすることはできます。物損事故にしておくメリットとしては自分にも過失がある程度ある場合、処分を受けることがないということです。人身事故にすると自分にも処分が下る可能性があります。

人身事故の定義は死傷者がいる交通事故となっています。医師が診断書を作成し、それを警察署に提出することによって人身事故扱いになります。通常は通院や入院をする場合には人身事故にすることが一般的です。人身事故扱いにすれば通院や入院、示談の際にももめることがありません。