人身事故と慰謝料

人身事故になったことで通院や入院をしますのが、その日数によって慰謝料の額が異なってきます。人身事故になったら示談の際の慰謝料について知っておかなければなりません。慰謝料というのは事故によって通院などをしなければならなくなった、痛みなどによる精神的な苦痛などを含めたものに対する償いのお金ということができます。慰謝料についてははっきりと金額が決まっていない場合も多いものです。実際にはどのくらいの金額になるのでしょうか。

通院も入院も自賠責保険では慰謝料に関して、計算方法は決まっています。そのためとてもわかりやすいものです。交通事故に関する素人にとっても計算がわかりやすいので特に難しいと感じる事はありません。しかし自賠責保険での慰謝料の計算は低額になっていることが多いものです。また自賠責保険からは120万円を限度に支払われるため、治療費や慰謝料がその限度額を超えると差額は保険会社が支払うことになります。

自賠責保険での限度額を超えると保険会社が払うため、保険会社としては負担を少しでも軽くするために慰謝料を減額することが多いものです。しかし被害者としては納得できないものでしょう。そんな場合にお勧めなのが交通事故紛争処理センターです。また、弁護士による交通事故の無料相談などもあります。弁護士へ相談することでまた慰謝料の額が上がることもあるので、被害者としては納得しやすいというのが大きなメリットです。